C言語

C言語

【C言語】関数ポインタのテーブルの使い方 – 状態遷移表をそのまま実装に落とし込む。if, switch不要で。

C言語で関数ポインタをテーブル(二次元配列)に格納し、うまく活用することでSwitchやifを使用せず、状態遷移表をそのまま実装に落とし込む事が出来る。設計・実装・試験工程まで円滑に進められるので便利。
C言語

C言語で関数テーブルに対応するコマンドを実行する

関数テーブルを使用する コマンドに応じた処理を実行するのに、if文やswitch文を用いず、関数テーブルを使用する。関数テーブルを使用すると慣れていないと関数を追いにくくはなるが、分岐や状態遷移を綺麗に整理できるので、慣れると可読性...
タイトルとURLをコピーしました